MENU

再エネ電気を選んでエシカル消費を。

私たちがつくっている「電気」は、再生可能エネルギー比率の高い電気を扱っている「パルシステムでんき」様、「みんな電力」様へ供給しています。私たちの暮らしに欠かせない「電気」を選ぶことは私たちが暮らす地球を思いやり、エシカル消費※の推進につながります。気候危機が深刻な問題となっている今、何気なく使っている「電気」を選ぶことで私たち、そして子供たちの未来を変えることができるかもしれません。

あいコープみやぎ様のページを見る
※宮城県内におけるパルシステムでんきの取次は、あいコープみやぎ様が行なっています。

みんな電力様のページを見る
※みんな電力様とのご契約により、個人様はもちろん、法人企業様への供給も可能となりました。

※エシカル消費とは、消費を通じて様々な社会問題を解決していこうという動きで、「持続可能な」社会づくりの基本となる考え方です。

再エネに取り組むのは何故?

宮城県の最南端、福島県との境に位置する丸森町筆甫(ひっぽ)地区。福島第一原子力発電所の事故の影響による放射能汚染、さらには令和元年東日本台風はこの地域に甚大な被害をもたらし、私たちの暮らしは大きく変わってしまいました。

令和元年東日本台風のような気象災害、極端な気候変化を引き起こす原因とされる地球温暖化は、温室効果ガスの排出量の増加に起因していると考えられています。

その多くがCO2(二酸化炭素)。CO2の直接的な排出量の40%は、私たちが使っている電気を生産する過程で発生しており、主に火力発電による化石燃料の燃焼によって排出されているものです。

私たちは「持続可能な電気」をつくることで、環境負荷の少ない低炭素社会の実現を目指しています。

PAGE TOP